英会話上達にはテクニックが欠かせない | 女性専用英会話スペース For Here or To Go? 吉祥寺

英会話スペースFor Here or To Go?

 吉祥寺駅目の前にある

 おしゃれな女性専用英会話スクールです。

 初級者にも優しいバイリンガルインストラクター 

 無料カンバセーションクラスで英語漬け 

 レッスンのない日も無料オンラインサポート 

英会話上達にはテクニックが欠かせない

よろしければシェアお願いします!

久しぶりにブログを再開しようと思います。はい、コロナでね、ヒマなんですよね〜。

┐(´ー`)┌

以前と同じように、英語のネタで書いていきますが、今回は少し新たな試みをしていこうと思います。まあ今日は最初なので、自己紹介にしましょうね。で、自己紹介の時に使いそうなフレーズと話を盛り上げるテクニックを覚えてください〜。

What’s your name?

Y: My name is Yoshi Tokio.


ちなみにカジュアルな場面では I’m Yoshi. がいいです。My name is … は使いません。これは学校で習っちゃいますが、偉い人とか、インタビューされた時とか(まさにこの状況ね)に使うやつ。逆にちゃんとした場面で、Yoshi! とか言ったらチャラい奴です。


I’m Emma. Nice to meet you Yoshi.

Y: Nice to meet you, too Emma.


フレーズの最後に名前をつけなくてもいいっちゃいいんですけど、わざわざつけることによって、確認の意味とか親近感とか色々いい感じになります。アメリカでは絶対そうだとは言い切れませんが、自分のフィールドのUKではまず間違いなくそうですね。


ちゃんと聞いたよ、理解したよ〜、ついて行ってるよ!っていうのは英会話では非常に重要でね、わからなかったらわからなかった、聞こえなかった!と意思表示するのは全く問題ない。わかったふりはすごく嫌われるので注意!


E: So, what do yo do, Yoshi?

Y: Well, I’m a singer in a rock band.

E: Cool, what kind of music does your band play?

Y: Rock. Do you like it, Emma?

E: I DO, Yoshi! I’m a big fan of OASIS’s.

Y: Brilliant, Emma! Your favorite track?

E: Good question, Yoshi. Omg, there’re too many…

Y: I know ha.


なんてね。途中から聞き手が交代してしまった。これも英会話ではよくある、というか”やったほうがいい”こと。好かれます。

好かれる英語を話せば友達が増えていくんだけど、日本人はあまりこれができない、というか意識しなさすぎなのでね。テクニックです。

ではこんな感じで、日替わりでテーマを決めてやっていきましょ〜。


Cheers x


Yoshi