コロナ禍のロンドンヒースロー空港とは | 女性専用英会話スペース For Here or To Go? 吉祥寺

英会話スペースFor Here or To Go?

 吉祥寺駅目の前にある

 おしゃれな女性専用英会話スクールです。

 初級者にも優しいバイリンガルインストラクター 

 無料カンバセーションクラスで英語漬け 

 レッスンのない日も無料オンラインサポート 

コロナ禍のロンドンヒースロー空港とは

よろしければシェアお願いします!

ついに来てしまった。

というか搭乗した時点で、もうどうにもならないのであるけれど。

ほぼ2年ぶりであるが、馴れ親しんだ空港ではある。乗客はほとんどいないも同然なので、がらんとした通路を進む。コロナ渦で、入国の手続きなどはどういう感じになっているのだろうか。

ちなみに、コロナの2年ほど前から、日本人はパスポートをかざすだけの自動ゲートで入国できるようになっていたが、今はそうはいかないだろう。そして

「お前ら、こんな時に何しに来たんだ?怪しいな、ちょっとこっち来い」

とかならないのだろうか。コロナ以前でも十分に怪しいので、しょっちゅう根掘り葉掘り聞かれたりした。特に自分など流暢に話したりすると

「お前、観光のジャパニーズが、なんでそんなに英語が上手いのか?怪しいな」

という展開になったこともあった。本当の話である。

まあ、オフィサーたちにとっては、なんでも怪しむべき対象なのだ。それは仕事がちゃんとしている証拠でもある。パリのシャルル・ド・ゴール空港などでは、俺からすればめちゃくちゃ怪しそうな奴が

「あー面倒くせえ、ほらよっ」

という感じのオフィサーに、何の質問もされることなく入国スタンプを受けて、さっさと去っていくのを普通に見る。

Passport Control に到着。何十回来てもやはり緊張する。人がほとんどいないので、心の準備をする間もない。

「Japaneseこっちな〜」という感じで誘導されたレーンを進む。

「ん?」

「あれ?」

コロナ渦なのに、通常通りの自動ゲートだ。そんなんでいいんかい?

まあ、よく考えたら、入国というより、検疫が問題なのだ。この先の検疫で色々やるから、ここではこれでいい、という考えなのだろう。欧米的だなあ、などと考えながら進む。

Baggage Claim ではもう荷物が下されていた。まあ、乗客ほとんどいなかったもんな。

さて、税関と検疫だ。

レーンを進む。このまま行けばいいのかな?

数名のオフィサーが突っ立っていたが、声をかけられる様子もない。

この先なのか?え、だってこの先は…

到着ロビーに出てしまった。

「あれ?」

「おお…」

「何もないんだね。」

バンドのメンバーとそんなやりとり。彼らも「????」という感じらしい。

コロナ体制のようなものは何もない。全く普通なのであった。

予約しておいた入国後の検査場所が、ロビーを出たところ、ということだったので出てみる。キレイめの掘っ建て小屋みたいなのがあり、そこの兄ちゃんに聞くと、どうやらそうらしい。

予約確認メールのQRコードをスキャンされ、あまり待たずにすぐ検査。

日本でよくやってる唾液検査ではなくて、鼻をグリグリするやつだった。しかし、俺の担当のガタイのいい兄ちゃんは非常に上手で、苦しくもなく、くすぐったくもない。

You got it done really well man! Cheers x

などと伝えておいた。

40分ほどで結果を伝えるメールが来た。Negative! 一応ホッとする。

ちなみに、空港は一応マスク着用というルールであり、旅行者なので、割とみんな守っているが、それでも着用率は60%といったところだろうか(職員はほぼちゃんとやっている。でないとクビになるだろう)。

ともあれ、一息ついて、ロンドン市内に向かう。

tbc