吉祥寺駅近5秒!の英会話スクールと英会話カフェ THE JAM

吉祥寺英会話 THE JAM

時間はないけど英語を上手に話したい人向け!


吉祥寺にある英会話スクール THE JAM


自由に受けられるフリーレッスン&24時間チャットで英語漬け


公式LINE登録で会員様以外も毎月無料レッスンが受けられる

ビジネス英語とは何か

「ビジネス英語」というカテゴリーがある。

少なくとも、日本、またはこれが儲かると考えた海外の語学学校にもそれらしいクラス/コースがある。

ろくに英語は話せないけれど、ビジネスでよく使うフレーズをとにかく覚えてしまおう、というのであれば悪くない。切羽詰まった人には一番いい。

しかし、多くの日本人は「ビジネス英語」あるいは「ビジネス英会話」特有の単語やフレーズがあると思っているのではないか。日本にはそういうのあるでしょう。

いつもお世話になっておりますABC商事の〜が、以上、何卒よろしくお願いいたしたり、ご査収したり、幸いだったりするあれだ。

英語の場合は、ビジネスの場ではとにかく、礼儀正しく丁寧に話す、内容を明確に話す、などのルールというか方向性はあるが、特別な言葉が出てくるわけでない。まあ、ご存知のように、Would you mind ~? とか Could ~? だとかの丁寧表現はするが、それは普通に見ず知らずの人や目上の人に対して日常的に使うものである。

日本では「英語に敬語はない」と言われているが、語尾だけで全体が変化してしまう日本語と比べてしまうのは乱暴すぎる。英語の丁寧表現というのはちゃんと、しかも山ほどあるのだ。

英語をビジネスで使わなければならない人にとって「ビジネス英語」というとなんか、それをやらなければ相手が突如

Fxxk you man!!

とか言ってブチギレたりするのでは?とビビってしまい、通いたくなってしまうマジックがあるような気がする。

まあ、丁寧な話し方もそうなんだけど、まず第一に、日本人のように、前置きが長すぎて何を言ってんのかわからんような話し方に慣れていると、欧米とのビジネスは辛い気がする。そう言うこともちゃんと教えてくれるならその「ビジネス英語」クラスはいいんじゃないかな。

自分はUKで音楽の仕事をしているけど、マネージメントも自分でやっているので、交渉など散々やってきた。

ビジネス現場での「お願い」「おねだり」「謝罪」「御礼」「息抜きジョーク」などはかなり上手な方だと思っているが、今でもブラッシュアップするように努力している。「ビジネス」を成功させるためには、音楽だけでなく営業が必須であるから当然であるし、それこそが「ビジネス英語」の真髄である。

「ビジネス英語」とはビジネスを失敗しないために習うものではなく、ビジネスを成功させるためのものなのだ。

YOSHI