本当に「 Xmas は正しい、X’mas は間違い」なのか? | 女性専用英会話スペース For Here or To Go? 吉祥寺

英会話スペースFor Here or To Go?

 吉祥寺駅目の前にある

 おしゃれな女性専用英会話スクールです。

 初級者にも優しいバイリンガルインストラクター 

 無料カンバセーションクラスで英語漬け 

 レッスンのない日も無料オンラインサポート 

本当に「 Xmas は正しい、X’mas は間違い」なのか?

毎週火曜日は通常、18:30より English Cafeですが、本日12/24はお休みとさせていただきます。
明日クリスマス12/25(水)は通常通り14:00〜 English Cafeです

クリスマスイブについて英語の話を少し。表記ですが

Xmas は正しい、X’mas は間違い

と言われています。この事実を今はじめて知った人は「遅すぎ」笑

アポストロフィバージョンは確かに”理屈に合わないのである意味間違い”といっていいでしょう。日本ではお店の広告とかで結構たくさん見かけますが、たしかにちょっと恥ずかしいです。しかし、この 「X’mas が間違っている」と考察なしに決めつけるのも考えものです。ネットかTVで聞いただけで鵜呑みにしているのは “cool” ではないので少し考えてみましょう。

実際、X’mas という表記は日本人が”誤発明”したものではなく、欧米から入って来たものです。前述のように理屈に合っていないので “technically incorrect” ですが、それでも実際に存在する語や文法というのは他にも山ほどありますし、実際に欧米でも “X’mas” ユーザーはいます。ただ、現代では少数になっていること(間違いと思われるので避けているはず)、対照的に日本や周辺のアジア諸国では比較的使われていることから、「いっそ理屈を付けて、間違いってことにしちゃおう」的な感覚があるのではないでしょうか。特に欧米人には「日本人の英語はヘン」「日本は変な英語を話す国」という多少軽蔑的な感覚を持っている人々もいるので(Urban Dictionary ユーザなら知っていると思いますが)そういう力も働いていると考えるのは考えすぎでしょうかね。

いずれにしても「間違い」と指摘される可能性のある表記や言い回しを使うのは “clever” ではないですよね。”X’mas” を使うということは結局は無知ということですから、やっぱり恥ずかしいですよね〜。

Merry Xmas!