For Here, To Go, Take Away, Take Out?? | 女性専用英会話スペース For Here or To Go? 吉祥寺

英会話スペースFor Here or To Go?

 吉祥寺駅目の前にある

 おしゃれな女性専用英会話スクールです。

 初級者にも優しいバイリンガルインストラクター 

 無料カンバセーションクラスで英語漬け 

 レッスンのない日も無料オンラインサポート 

For Here, To Go, Take Away, Take Out??

よろしければシェアお願いします!

当スクールの名前にもなっていますが。

お店で、そこで食べるのか、持ち帰りなのか?というときに聞くフレーズですね。

持ち帰りはブリティッシュは Take away を使います。ロンドンとか南に行くと特有のアクセントで

「テカワイ」

て感じになります。自分はこれを使い慣れているけど、例えばアメリカに行ってこう言ったら

「アホかこのアジアンボーイ…」

と思われるか、いっそ通じない(店員がアメリカ人ではなく、イタリアなどから出稼ぎの場合とか?)かもね。

アメリカでは To go を使います。

店内で食べる場合はどちらも For here? は使われるけど、ブリティッシュは Eat here? とかが多いかなあ、あと他にもいくつかバリエーションがある。

日本では 「イートイン」「テイクアウト」 を使うね。よくあるパターンでいくと、もしかして和製英語?!と疑ってみたくなるけど、Eat in はUKでたまに聞く気がするし、Take out も英語圏でないヨーロッパの国では見る気がするから、一応和製ではないみたい。

なぜ、そのマイナーなやつが日本で定着しているかはよく知らない…。

こういう独特のフレーズって、あらかじめ予習しておかないと

「はあ????」

ってなっちゃうよね。

で、アメリカのマクドナルドはバイトの女の子の態度が最悪なのが普通なので、あわあわしてると露骨にイライラされて、舌打ちもされたりして、ますますパニックになってしまうかも。彼女ら大体早口だから、何言ってんのかまともには聞き取れないんだよね。多分アレ言ってんだろうな、って感じ。まあ日本でも何言ってんのかわかんないことあるし、同じですよ。

アメリカのファーストフード店って、英語を使うにはかなりの難関かもしれない。「聞こう、伝えよう」としない人とのコミュニケーションだからね〜 笑

Yoshi