「いきなりストーリーを語りたがる日本人」を脱却した話し方 | 女性専用英会話スペース For Here or To Go? 吉祥寺

英会話スペースFor Here or To Go?

 吉祥寺駅目の前にある

 おしゃれな女性専用英会話スクールです。

 初級者にも優しいバイリンガルインストラクター 

 無料カンバセーションクラスで英語漬け 

 レッスンのない日も無料オンラインサポート 

「いきなりストーリーを語りたがる日本人」を脱却した話し方

よろしければシェアお願いします!

日本人って結論を最後の最後に持ってくる、っていうでしょ。

ていうか、結論をはっきり言わないよね。

それどころか、どうのこうの言っといて、ある時点で突然

「要は…」とか

「言っちゃえば…」とか

それまでの話なんだったんだよ…ていう話し方する人いますね。

あれ、ホントーーーーーーーーに腹たつね。

そこへいくと英語の場合は、大雑把に言えば最初に結論言うのが標準だから、いいですね。

さっきみたいな喋り方する日本人はまず一生英語話せないね、ザマミロだけど、日本人だと多かれ少なかれその傾向があるから、皆さんも気をつけないとね。

よくあるやつ。

A: Heeey good evening, man! How was today?

B: I got up at 7 o’clock and ate breakfast, which is traditional Japanese… blah blah blah

おいおい、あんたが朝起きたところから、密着レポのような感じでずっと話すつもりかい…

でも、ここまでひどくないけど、多くの皆さんがこの傾向なんですよ。

A: Heeey how’re you doing, mate? Busy?

B: Ya…

A: How long did you sleep last night?

B: Ugh.. Ugh… えーと、2、3..(指折って数えている)6、あ、いや5、 そう
5 hours!

A: (待ちくたびれて寝ていた) Wha? Ah, okay…

こうなる。医者じゃないんだから、そんな細かく聞いてないよぉ。あなたの睡眠4時間でも5時間でも、あたしの人生変わらんよ…

だからテンポの悪い会話になっちゃうんだよね。

欧米の人の会話聞いてごらん、ホントいい加減だよ。いいのそれで。
相手に「聞く」と言うのはなんつうか、マナーで聞いてるけど、それに厳密な数字で答える必要はないです。お医者さんとか、法廷は別だけどね。

うちの生徒さんには執拗に言ってることなんだけど

「まず、大雑把に答える」

これをやってね!いつも使ってる慣れ親しんだフレーズで反射的に応えて!

A: How many times have you visited Kyoto, bro?

B: Well, many times.

A: Wow, I’m jealous, man!

でいいじゃないか!

てことです。

ウーンウーン唸って指折って数えたりしないで。

科学的にね多分ですけど、ただでさえ数字が苦手な人は、パニック状態になっちゃうんですよきっと。

Many times.

って言いながらニヤリとしたり、ウインクでもしたほうがよっぽど気が利いてる。

反対にそれほど多くなかったら

Not that many tho…

とかね。いつも言ってるように、表情やトーンがコントロールできるフレーズを身につけるには、こういったよくある定番/鉄板のリアクションで数こなしていくのが最良の方法だと思うよ〜

それで余裕が出てきたところで、数を言ってもいいんだし。

B: Well, not that many actually. Three times?
A: Okay, still cool man.

Yoshi