英語棒読みは相手に”聞こえない”。コロナを発音してみて | 女性専用英会話スペース For Here or To Go? 吉祥寺

英会話スペースFor Here or To Go?

 吉祥寺駅目の前にある

 おしゃれな女性専用英会話スクールです。

 初級者にも優しいバイリンガルインストラクター 

 無料カンバセーションクラスで英語漬け 

 レッスンのない日も無料オンラインサポート 

英語棒読みは相手に”聞こえない”。コロナを発音してみて

よろしければシェアお願いします!

単語の stress の位置を重要視しない人が多すぎますね。

え?ストレスって何?

なんて人さえたくさんいそう…。

例えば英単語で、どこを強く発音するか、ということです。

日本人ではこれを「アクセント」と呼ぶ人がほとんど?学校でそう習ったのかな?間違ってる、とまでは言わないですけど、これは英語圏では通常 stress といいます。

いきなり違う話題になっちゃいそうだけど、こういう微妙に日本だけに広まってしまっている英語の特殊な使われ方ってありますね〜。

まあ、今日はその話ではなくて。

ストレスの位置がおかしかったり、「なかったり」すると(日本人は棒読みするからこっちが多いです)、簡単な単語、短い単語でも一切通じないことが普通に起こります。例えばいまみんなが困っている

コロナ

corona

ですけど…

ウィルスもそうですけど、ビールの銘柄でもあります。また、元々は太陽の光に関係する科学的な用語です。

発音してみてください。

日本語カタカナの場合は「コ」にストレスがくると思います。

ここで、また皆さんあまり知らないけど、それでよく英語勉強できるな…という知識を持ってこないといけないので脱線。

syllable

これは要するに単語をさらに分割したもの

co・ro・na

となります。これがなければ正しい発音はわからないはずなんだけど、日本人は無理やりカタカナに置き換えるから

コ・ロ・ナ

となりますかね。まあ、この単語の場合は日英似ているので、なんとかなるんですけど、全然違う場合が普通なので、だから日本人の英語の発音はおかしいわけです。なんで学校で習わないんだろう、不思議で仕方ない。

まあ、いいや。で、コロナに戻りましょう。いきなり答えを言っちゃうと、正しいストレスは2つ目の

ro

にあります。カタカナで無理やり書けば「クロォ〜ナ」って感じか(無理やり書かなくてもよかったね 笑)。

日本に住んでいる外国人や、ましてや英会話スクールのインストラクターにはガチカタカナの「コロナ(「コ」が強いやつね)」でもきっと通じますけど(それが仕事だからね)。日本を出たら、その発音では、まあ”絶対”通じないと断言してもいいです。10回言ってもダメ。

それほど重要な「ストレス」です。

そしてそれを正確に把握するために、syllable これを気にしていきましょうね。辞書には普通に明記されてます。

例えば、syllable この単語自体を例にすると

syl ・la・ble

と分割されます。ストレスは1個目。

注目はこれ、1個目と2個目のつなぎで、l(エル)がダブっているよね?業界で用語(?笑)では「ダブルエル」 でも、これを日本人はいい加減に発音しちゃうんだ。なぜなら無理やりカタカナにすると

シ・ラ・ブ・ル

だから「ラ」が一つだけになっちゃうから。本来の英語の発音でいえばむしろ

シル・ラ・ブル。だから「シルラブル」に近い(あ〜、こういうの本当は書きたくない。今日だけだよぉ)

言いたいこと伝わりましたよね。

全ての syllable を同じテンポで読んでいくと英語らしい発音になります。カタカナとは切れ目が違うからかなり変わるよ。

そういうわけで、あなたも今日から

usually

などの発音が、突然ネイティブぽくなる!おめでとう〜

Yoshi